スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

食生活を改善して頑固なクセ毛を扱いやすい髪質へ

あなたは普段、どんな食事をしていますか?


ファストフード、インスタント食品、

偏った食事をしている人は注意が必要です。


今回は食生活と髪質についてのお話をします。


バランスの良い食事をとることは、髪にとってとても大切なことです。


髪も皮膚の一部なので偏った食事で栄養が行き渡らないと

乾燥してパサパサな質感の髪の毛ということにも。


クセ毛はもともと直毛の人より水分量が少ない状態なので

食生活の改善はクセ毛改善に大切なことだというのは

理解していただけると思います。


クセ毛でも乾燥してパサパサよりもしっとりサラサラの

髪の方が断然魅力的ですよね。


普段から髪がパサつきがちで広がりやすいという人は

食生活を見直してみてはいかがでしょうか。


食生活の改善でいきなり髪質が改善されるということは

期待できませんが、

地道にやっていくことで、これから生えてくる髪に対して

大切なことだという意識を持ってもらえればと思います。



以下に、髪にとって良い成分を取り上げてみました。


どれも身体に必要なものですが、

中でも良質なたんぱく質やコラーゲン、ヒアルロン酸を

摂取することは髪にとって効果を早く実感することができます。



タンパク質

髪の中の成分であるケラチンや皮膚の成分のコラーゲンのもとになります。

豆類、肉類、魚類卵、乳製品などに多く含まれます。


コラーゲン

髪の毛のツヤやコシ、ボリュームをもたらします。

薄毛対策にも効果がある成分です。

鶏肉、豚肉、魚の皮、レンコン、長芋などに多く含まれます。


ヒアルロン酸

コラーゲンの数倍とも言われる保水力で髪や頭皮を潤します。

鶏のトサカや豚の皮などに多く含まれますが、

なかなか摂取しにくい成分なので上手にサプリメントを活用しましょう。


DHA・EPA

健康な髪の発育を阻害する中性脂肪やコレステロールの増加を防止します。

魚の目やその周りの肉、背の青い魚(サバ、いわし、サンマなど)に多く含まれます。


ビタミンB群

ビタミンB2は細胞の成長を助けたり、B6はアミノ酸の代謝というように

新陳代謝を良くし髪の発育に必要な成分です。

豚肉(赤身)やレバー、マグロ、玄米、米ぬかなどに多く含まれます。


ビタミンC

活性酸素を除去し、アンチエイジング効果があります。

また免疫力も強くなるので積極的に取り入れたい成分です。

レモンやみかんなどの柑橘類、ナッツ類、アボガドなどに多く含まれます。


ビタミンE・A

全身の血液の流れをスムーズにします。

緑黄色野菜(かぼちゃ、ほうれん草、ニンジンなど)ナッツ類、ゴマなどに多く含まれます。



髪質の改善には

規則正しい食生活と多くの品目からバランスよく栄養を摂ることが大切です。


とはいえ、

なかなか毎回多品目の食事を作るのは大変ですよね。

そういう場合は、サプリメントなどで足りない栄養素を補うといいでしょう。


私のオススメは飲む点滴と言われるレバコールです。


レバコールはカツオの肝臓から作られていて、

アミノ酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるので、

疲労回復や貧血の改善、もちろん髪にも良いです。

それ以外にもメリットはたくさんあるのでチェックしてみてくださいね。


私は液体のタイプがイチオシですが、

錠剤のタイプなら持ち運びにも便利だし、飲みやすいと思います。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

hvkpa
4M6FjZ <a href="http://gpekmzlhfzjd.com/">gpekmzlhfzjd</a>, [url=http://mdjoevizmkci.com/]mdjoevizmkci[/url], [link=http://zvseuhfouodt.com/]zvseuhfouodt[/link], http://lyazysquddkr.com/

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。