カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「フケ対策 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

フケの原因

こんばんは、管理人の赤兎馬-sekitoba-でっす♪

最近、身体がカサカサしてとてもかゆいです。

だれか水分をください(笑)というのはウソで良い乾燥肌対策が

あれば教えてください。



>>今回は何位かな?<<




今日はクセ毛縮毛矯正の話からは少しはなれてフケについて

調べてみたので書いてみました。

この時期は肌が乾燥しやすく、フケが出やすい時期ですよね。

頭をかくとパラパラと。色が濃い服だと目立つのでとても気になる

と思います。



最近の研究でこのフケの発生はカビの一種の皮膚常在真菌が

深くかかわっていることがわかってきました。カビっていうとうげ

っと思うかもしれませんが健康な頭皮にもこのカビの一種真菌

は存在します。このカビ自体は特に問題はないのですがフケが

増えるとこの真菌も増加し、改善すると減少するという傾向があ

るということです。



【フケとは】

フケは頭皮表面の角質が新陳代謝によって古くなって剥がれ落ちたもの。

身体から出る垢と同じものです。垢なので誰にでも生理的に発生します。

特に量が多く目立つ場合をフケ症といいます。フケ症はかゆみを伴い再発

しやすいです。放っておくと爪で引っ掻いて頭皮を傷つけたり、脱毛や抜け

毛の原因にもなるので注意が必要です。



【フケの原因】

通常、皮膚の細胞は約1ヶ月ごとに生まれて剥がれ落ちるというサイクルを

繰り返します。皮脂は頭皮や毛髪の潤いを保つために分泌されます。常時

分泌されるわけではなく、一定の量が分泌されれば休むといったように必要

に応じて分泌されます。


しかし、偏った食生活やストレス、温度や湿度などの外界からの刺激、ホル

モン異常やビタミン代謝(B2,B6)、洗髪の方法や回数などが原因で皮脂

の分泌が増えると、癜風菌(でんぷうきん)といわれるフケ原因菌が頭皮に

蓄積された皮脂を栄養源として増殖してしまいます。

脂分を好むフケ原因菌にとって皮脂の多くなった頭皮は住みやすく、増殖す

るのに絶好の環境です。フケ原因菌が増えることで頭皮を刺激し皮膚のター

ンオーバーの周期が早くなってしまうのです。



癜風菌はニキビの原因となるアクネ桿菌と同じように正常な皮膚に存在す

る常在菌のひとつで最初に述べたようにカビ(真菌)の仲間です。皮脂の多

い頭や顔、胸、背中などに多く存在します。


癜風菌は皮脂分泌の盛んな思春期から30歳代に多く見られます。皮脂分

泌は男性ホルモンによって盛んになるため、フケ症は男性に多いのです。



またシャンプーやリンスに含まれる化学物質で知らない間に頭皮がかぶれ

を起こし、急にフケが目立つようになるという人も少なくありません。

洗浄力が強いシャンプーを使ったり、すすぎが不十分でも皮脂の異常は起

きます。朝シャンプーの習慣で若い人たちにのなかにも、潜在的なフケ症は

多いといわれています。




今日はここまでです。

次回はフケ対策について書きます。


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。